2019年07月09日

令和元年  江古花園の「はす祭り」開催

令和元年7月7日
 東芦田「江古花園」にて『はす祭り』が開催されました。

CIMG2853-1.jpg
CIMG2847.JPG
IMGP0008.JPG

梅雨の時季ではありましたがまずまずの天気にめぐまれ、毎年恒例になっている「はす祭り」が去年より1か月ほど早く「江古花園」で今年も行われました。
CIMG2846.JPG
第3回の「江古花俳句大会」や「癒しのコンサート」をメインに村おこし拠点「すずめの宿」での食べ物の提供や蓮炭やドライフラワーなどのグッズ販売などがあった。

今年の江古花園の蓮(はす)の見ごろはこれから8月上旬までが本番ですが、当日は蓮の花の観賞や周囲の散策、俳句の投句などの来場者で賑わいました。
IMGP0004.JPG

癒しのコンサートでは、西宮市のデュオ「ソレイユ」によるライブが2回に分けて蓮園木道の広場の上であり、集まった人が歌声に聞き入っていました。
CIMG2849.JPG
IMGP0037.JPG
東芦田出身の俳人細見綾子さんにちなんだ俳句大会も今年で3回目を数え、季題を「夏と秋の季語」とし2句1組で投句する。大賞1句、優秀賞5句、入賞10句が表彰された。
CIMG2858.JPG
CIMG2854.JPG
CIMG2856.JPG

これからが「ハス」の見ごろとなります。是非『江古花園』に足を運び満開の「蓮の花」をご観賞ください。
スタッフの皆さん準備や当日の運営など大変お疲れさまでした。
ではまた来年の「はす祭り」を期待しています。
posted by 東芦田まちづくり協議会 at 15:16| Comment(0) | 日記

2019年05月23日

令和元年『セッコク祭り』開催される。

令和元年5月19日
 東芦田「ごりんかん」にて『セッコク祭り』が開催されました。


IMG00202.jpg

IMG00210.jpg

IMG00211.jpg
毎年恒例になっている「里山セッコク祭り」が体験施設「ごりんかん」で今年も行われました。
自生したセッコクの観賞や愛好家が丹精したセッコクの展示販売、地元の食材を使った「たけのこご飯」「鹿肉うどん」などの料理の販売もあり、大勢の人でにぎわいました。

IMG00207.jpg
枯れ木や岩に植生し、可憐な白や薄ピンクの花をつけているセッコクに思わず見入ってしまいます。また、「ごりんかん」から登れる岩山に自生地も見られます。

IMG00203.jpg

IMG00204.jpg

IMG00205.jpg
IMG00206.jpg

IMG00209.jpg
【セッコクについて雑学】
セッコクとは
セッコクは、単子葉植物ラン科の植物。日本の中部以南に分布する。岩の上や大木に着生する着生植物である。 東北地方南部以南の山地や岩場に見られる小型の着生ランです。 デンドロビウムの仲間で、主に針葉樹林や常緑広葉樹林に見られます。節のある細い棒のようなバルブを何本も束ね、細い根でしっかりと木や岩に着生し、晩春から初夏に白や淡い桃色の花を咲かせます。冬前には葉が落ちてバルブの状態で冬を越します。このバルブに翌年花が咲きます。
花にはほのかに香りがあり、四季を彩る野生ランとして多く販売されています。桃色の花を咲かせます。花後に新芽を伸ばして、つやのある葉を広げながら、新しいセッコクの育て方の解説
〔栽培環境・日当たり・置き場〕春と秋は日当たり、夏は明るい日陰を好みます。花後から新芽が固まるまでは日に当てて、がっしりと締まった株に育てます。新芽が固まるころから30〜50%遮光下へ移して葉焼けを防ぎ、夏を涼しく過ごさせます。秋は花芽の充実期です。秋の半ばを過ぎるころから再び遮光を弱め、花芽の充実を促します。冬は風に当てないように、棚下や無加温フレームで保護するとよい。
庭の木などに着生させることも可能です。風の強い場所は避け、苔が生えた岩や、マツやマキなどの針葉樹、モミジ、ウメなどにひもで縛って固定し、根付くまでたっぷり水を与えます。冬は寒い場所ではわらなどを巻いて保護するとよい。
posted by 東芦田まちづくり協議会 at 15:45| Comment(0) | 日記

2019年02月23日

東芦田江古花園にて「節分草祭り」開催!!


平成31年2月10日
 東芦田江古花園にて『節分草祭り』が開催されました。

IMG00128.jpg
IMG00120_Burst01.jpg

節分のころから咲き始める可憐な野草「節分草」、今年も江古花園の土手に自生の節分草の小さく可憐な花が咲きました。

IMG00114.jpg
IMG00116.jpg
朝はうっすら雪景色の中で節分草祭りが始まりました。
青垣町内ではここ東芦田を最初に、続いて遠阪地区、小倉地区と節分草イベントが開催される予定です。

IMG00119.jpg
『節分草』はキンポウゲ科の多年草で日本固有種です。自生地は近畿地方の但馬・丹波・西播磨で確認されています。花は直径2センチ、茎は10センチぐらいです。
posted by 東芦田まちづくり協議会 at 16:47| Comment(0) | 日記

2019年01月06日

平成31年 元旦登山 & 元旦マラソン 今年も開催!!

『元旦登山』
新年早々の城の丸への登山。
今年は年末に降った雪が10センチほど残る登山道を20人ほどが午前5:30に
麓の胎蔵寺をスタートし登りました。その後はそれぞれの時間で出発される方もありました。

暗い道中、明かりを頼りに雪を踏みしめ約1時間の登山。
山頂からは一面の雲海と赤く染まった空が見渡せ何とも言えない幻想的な空気。
IMG00083.jpg

IMG00085_Burst02.jpg

準備してあった木で火を焚き、お神酒を交わし待つこと30分。
ようやく午前7時過ぎご来光(初日の出)を拝み、それぞれに一年の無事や健康を祈ることが出来ました。   
IMG_20190101_070909.jpg

IMG_20190101_071517_1.jpg

IMG00087.jpg
1時間程度の時間で比較的登りやすく、登山道は整備されています。また山頂からの眺望もなかなかのものです。朝早くて少々寒いですが他地域からの参加も待っています。小学生も頑張って登っています。


『元旦マラソン』
IMG00098_HDR.jpg

公民館主催の年頭恒例行事。なんと初詣が同時にできてしまうコースになっています。

IMG00093_HDR.jpg
東芦田体育館前(スタート) ⇒ 瑞雲寺 ⇒ 江古花園 ⇒ 高座神社 ⇒ 胎蔵寺 (ゴール)となっていて2qぐらい距離です。

《瑞雲寺》
IMG00094.jpg

《高座神社》
IMG00095_HDR.jpg

《胎蔵寺》
IMG00096_HDR.jpg
参加者全員でラジオ体操のあと自分のペースで、走っても歩いてもOK。全力で走ってももちろんOKですが競争ではなく、すべて回る(参拝する)ことが目的。ゴールで参加賞をもらって完走となります。
今年は天候に恵まれ、小学生を中心に30人程度の参加がありました。親子連れや夫婦連れの姿も目立ちました。

平成最後の東芦田元旦行事となりました。 来年は新元号で迎える心機一転の年となるでしょうか。

posted by 東芦田まちづくり協議会 at 13:31| Comment(0) | 日記

2018年11月04日

平成30年 東芦田秋祭りが盛大に執り行われた

平成30年東芦田秋祭り
IMG00052_HDR.jpg

IMG00027_HDR.jpg

IMG00001.jpg
今年も盛大に高座神社「秋の例祭」が10月6日(土曜日)〜7日(日曜日)に開催されました。
高座神社、東芦田自治会、祭礼実行委員会など、それぞれの団体により準備が進められ、宵宮、本宮と執り行われました。前日の台風の心配もありましたが、当日は天候に恵まれ無事宮入りまで終えることが出来ました。


10月1日  「奥の院」の祭礼(神事)
10月6日  宵宮 境内にて子供奉納相撲(小学生) 巫女による浦安の舞(中学生)
10月7日  本宮 神輿の巡幸 (ふれ太鼓、布団神輿、餅神輿、神霊神輿、太鼓神輿(屋台)

神輿の巡幸
神輿を連ね東芦田地域内を(およそ5qの道中)を巡幸する。餅を配る人、太鼓をたたく人、神輿を担ぐ人、神輿に乗る人、神輿を引く人、音戸を取る人、一緒の歩く人など130人ほどが参加。

本宮・巡幸 8:00 祭礼神事
      9:00 神輿が高座神社出発・巡幸開始
      10:00 奥の院入口にて「浦安の舞」奉納
      11:10 公民館にて昼食(新米おにぎり、煮しめ、枝豆などとお神酒)
         (当番隣保の方々 朝早くから準備、ご苦労様でした)
      12:15 ふれあいの郷「もくせい」(高齢者施設)立ち寄り、「浦安の舞」披露
      12:30 高座神社へ宮入
IMG00053_Burst01.jpg

IMG00006.jpg

IMG00020.jpg

IMG00013.jpg

IMG00001_HDR.jpg

IMG00004.jpg



IMG00040.jpg

IMG00007_HDR.jpg
IMG00011_HDR.jpg

この祭りは東芦田の一大イベントとして小学生から中学生までの子供たちは全員参加しています。 

天候にも恵まれ、「秋の実り」に感謝する祭りが今年も無事終了いたしました。
posted by 東芦田まちづくり協議会 at 21:59| Comment(0) | 日記